仲大千咲のプロフィール

琉球音楽奏者(唄・三線・琉球筝曲)
仲大 千咲 NAKADAI CHISAKI

ごあいさつ

ごあいさつ

ホームページをご覧いただきありがとうございます。
琉球音楽奏者の仲大千咲です。

私は小学生の頃より琉球古典音楽に慣れ親しみ、現在も様々な形で携わっております。
沖縄の音楽には活力を感じます。沖縄が激動の時代から今日まで目まぐるしい復興・発展を遂げられた過程において、音楽が精神的な支えになっていたように思っております。
演奏する立場である私も幾度となく沖縄の音楽に癒され、元気づけられました。

先人の方々が残してきたこの沖縄の音楽の素晴らしさを、皆さまに伝えていきたいと思います。そして音楽を通じて沖縄の文化を発信し、聞いている方々が心豊かな人生を送れるお手伝いができましたら幸いです。

今後とも宜しくお願いします。

プロフィール

出身地

沖縄県読谷村

略歴

  • 読谷村立喜名小学校 卒業
  • 読谷村立読谷中学校 卒業
  • 沖縄県立読谷高等学校 卒業
  • 沖縄県立芸術大学(琉球芸能専攻) 卒業
  • 沖縄県立芸術大学大学院(舞台芸術専攻) 修了

師範・伝承者

  • 琉球箏曲興陽会師範
  • 野村流音楽協会師範(三線)
  • ユネスコ無形文化遺産・国指定重要無形文化財 「組踊」伝承者
  • 国指定重要無形文化財「琉球舞踊」伝承者

愛称

ちっさー

生い立ち

琉球古典音楽を始めたきっかけ

琉球古典音楽を始めたきっかけ

小学校の頃、友達が箏曲を学んでいたことと親のすすめもあり、自然に琉球古典音楽の道を歩む。筝曲1本で学んできたが、高校性の頃より三線も学び始める。

沖縄県立芸術大学への入学

本格的に琉球古典音楽を学ぶため、18歳で沖縄県立芸術大学(琉球芸能専攻)・22歳で沖縄県立芸術大学大学院(舞台芸術専攻)へ進む。大学で沖縄音楽の尊さを学ぶ。
大学院卒業後はフリーで活動を始める。

師範・伝承者の取得

師範・伝承者の取得

平成18年に琉球箏曲興陽会師範、平成27年に野村流音楽協会師範となる。
その後ユネスコ無形文化遺産・国指定重要無形文化財 「組踊」伝承者、国指定重要無形文化財「琉球舞踊」伝承者となる。

仲大千咲琉球古典音楽教室の開校

仲大千咲琉球古典音楽教室の開校

平成19年に子どもから大人まで学べる仲大千咲琉球古典音楽教室を開校する。

結婚と出産

音楽活動と並行して、結婚・出産を経験。三人の子の母であり、小学生の子供たちも琉球古典音楽に携わる。

琉球古典女子楽団UMINAIでの活動

琉球古典女子楽団UMINAIでの活動

平成27年に仲大千咲(筝、歌三線)・比嘉いつみ(歌三線、横笛)・澤井毎里子(琉球横笛、歌三線)の三人で琉球古典女子楽団UMINAIを結成。県内外で活動。

現在

現在は古典音楽の継承活動や三線live、琉球舞踊、組踊、沖縄芝居の地謡として県内外、海外公演活動中。

Profile 仲大千咲の紹介 Contact お問い合わせ Schedule スケジュール Diary 仲大千咲ダイアリー